2015ラグビーワールドチャンピオンシップ

ラグビーワールドカップ2015はイングランドとカーディフ(ウェールズ)で開催され、2015年の最大のスポーツイベントの一つである事です。ラグビーは、150年に行われるスポーツですが、ワールドシリーズの現在の形式は、1987年より開始しました。今まで7回トーナメントが行われました。今年の夏に八回目のトーナメントになります。

最初に歴史から始めます。1895年にイギリスのラグビーに発生した分割はラグビーリーグとラグビーユニオンとの分離をしました。ラグビーリーグは1895年に設立され、ラグビーユニオンのやり方と違えが有ります。違いは、プレーヤーの数(13)、提出の位置、ゲームのルールとスコアリングの目標やペナルティの点数の数え方となります。

ラグビーユニオンが15選手のチームで試合を行いますが、7選手チームの小型版の試合も作成しました。小型版は、2016年リオで開始されてからオリンピックスポーツとして認識されている。

ラグビーリーグの小型版は9人で行われます。ですので、ラグビーの話の際、四つのバージョンのどちらになりますので注意する必要があります。

 

ラグビーリーグのワールドカップは、1954年から開催されました。そのうちの17トーナメントがありまして、最後のは2013年に4カ国(イングランド、ウェールズ、アイルランド、フランス)で行われました。トーナメントごとの平均視聴者は16,374人でした。次の大会は、2017年にオーストラリアとニュージーランドで開催になります。この大会でほぼ独占的にオーストラリアの優位性です。1975年から全ての決勝戦に参加し、2008年に一度だけニュージーランドに負けました。

 

ラグビーワールドカップ(ラグビー大会)のほうが人気があり、メインの大会となります。2011 年にニュージーランドで前回の大会を行われた時に、平均視聴者が30,777でした。2007年、フランス、スコットランドとウェールズで大会が行われた時、平均視聴者が47,500でした。次の大会(9月18日から10月31日まで)の視聴者の人数に関して、非常に高い期待をされています。トーナメントのチケット販売は2014年9月に始まり、関心度と、これまでに販売したチケットの数に応じて、今までのスタジアムやテレビでのヒットのピークを、簡単に壊れると思われます。

イングランドは一度だけ優勝しながら、これまでのところ、オーストラリア、南アフリカ、ニュージーランドは二回、各競技を獲得しています。

 

出場全20カ国が5カ国ずつ4つのプールに分かれて争われた。そして各プールで上位2カ国に入った国は準々決勝に進み、そうちらは、準決勝と決勝戦と同じノックアウトシステムで行います。大会のカップは、「ウェブ·エリス·カップ」と呼ばれ、1823年に学生時代にラグビーの発明した人の名前を付けられた。

 

「オールブラックス」として知られている·ニュージーランドのチームは、カップホルダーで、今までの出場したチームの内の最も優秀なチームと考えられています。過去5年間に 「今年のラグビーチーム」として選ばれ、今年もタイトルを維持する可能性が高いです。優勝にチームを導くことが期待されている選手は、以下のとおりです:ダニエル・カーター、リッチー・マコウ、キーラン・リードとブロディ・レタリック(ニュージーランド、「オールブラックス」)、ハンドレ・ポラード、ビクター・マットフィールドとジャン・サーフォンテイン(南アフリカ、「スプリングボックス」)、カハン・フォツアリ、ジョージ・ピスイとケン・ピスイ(サモア、「マヌサモア」)、マット・スコット、アレクス・ダンブアとダンカン・タイラー(スコットランド、アザミ)、セルジオ・パリセ(イタリア、「アズリ」)、アグスティン・クリーヴィーとフアン・マルティン・フェルナンデ・スロベ(アルゼンチン、「ロスピューマ」)、サム・バージェスと

クリス・ロブショウ(イングランド、「赤いバラ」)、マット・ギトーとマイケル・フーパー(オーストラリア、「ワラビー」)、リー・ハーフペニーとジェイミー・ロバーツ(ウェールズ、「レッドドラゴン」)、セバスチアン・シャバル、モーガン・パーラ、ソフィアネ・グイトンとティエリー·デュソトワール(フランス、れ・ブルー)、ジョナサン·セクストン、ポール·オコネルとルーク・フィッツジェラルド(アイルランド、「シャムロック」)。

お早めにSports Events 365でラグビーワードカップのチケットを購入して下さい。

ウェブサイトの価格には追加料金が掛かりません!

La Liga (Liga BBVA) teams
2015ラグビーワールドチャンピオンシップで一番人気のチケット
イベント
日程
価格
入手する