UEFA EURO 2016予選大会

EURO 2016予選には史上最多の53カ国が参加、組み合わせ抽選会で5ないし6チームの9グループに分けられる。試合はホーム・アンド・アウェー方式で2014年9月7日から2015年10月13日までの期間内に実施される。各グループの1位と2位、3位チームのうち最も成績の良い1チームは、グループステージ終了時点で本大会出場が決定。3位の残り8チームはプレーオフに臨み、勝者が残り4つの出場枠を獲得する。今回の予選は史上初めて“ウィーク・オブ・フットボール”と銘打ったコンセプトに従い、木曜から火曜までの間に実施される。

ここで9つのグループを紹介しながら予選段階後期においてフランスでの大会にたどり着く可能性の高いポジションにいるチームをみてみよう。グループAでは2チーム、つまりチェコ共和国(4勝13点)およびアイスランド(4勝12点)が後続集団を大きく引き離し、オランダ(7点)とトルコ(5点)が3位を競い合っている。グループBではさらに接戦でベルギーとウェールズは両チームとも11点で違いはゴールのみ。イスラエルは2点遅れの9位。

グループCのスロバキアは5勝の100%の記録があり、それにより15点を獲得した。リーダー達に敗れたスペインは12点、ウクライナは9点。これとは対照的にグループDは非常に接戦であった。ポーランド、ドイツとスコットランドそれぞれ3試合全て勝ったがポーランドは2試合が引き分けになったおかげでライバルより1点多く獲得。

イギリスは100%の記録と堅調なゴール差でもってグループ Eをフルコントロールしているようだ。この段階ではスロベニアとスイスを6点差でリードしている。グループFではルーマニア(4勝1引き分け、13点)の後を4勝と12点を獲得した北アイルランドが思いのほかフォローしている。

オーストリアはグループGを13点でリードし、スウェーデン(9点)とロシア(8点)が後を続く。クロアチアが13点でグループHのトップの座を得、11点のイタリアおよび9点のノルウェーがぴったりと後を続いている。最後のグループは1セットの試合が他の全てからとり遅れている。:ポルトガルが9点で4試合をリードしている(その他グループ全てのチームは5試合をすでにプレイしている)それにデンマークとアルバニアが7点で続いている。

6月10日に開始される本大会に自動的に出場できるのはホスト国であるフランス、およびグループの1位と2位、3位チームのうち最も成績の良い1チームだ。ホーム・アンド・アウェー方式で行われるプレーオフの組み合わせ抽選では、参加8チームのうちUEFA代表チーム係数ランキングで上位の4チームがシード扱いとなる。第1戦は2015年11月12、13、14日、第2戦は11月15、16、17日のいずれかの日に実施される。2試合合計スコアでより多くのゴールを挙げたチームが決勝に進み、アウェーゴール・ルールも適用される。それでも決着がつかなかった場合は、PK戦で勝者を決定する。

2006年の創業以来、Sportseventsは「供給保障」方針とともに市場で最も信頼のおけるチケットサプライヤーであることに誇りを感じております。ご注文の全てはセールスチームのスタッフが個々に取り扱い、最高のカスタマーケアを提供いたします。

これ以上待たずにUEFAユーロ2016予選チケットをSportsevents365で購入しましょう!弊社の提供するUEFAユーロ2016予選チケットには隠れた手数料はございません。

La Liga (Liga BBVA) teams
UEFA EURO 2016予選大会で一番人気のチケット
イベント
日程
価格
入手する